つみきろく

まいにちご自愛しています

久しぶりに悪夢を見た

生活

流れ

とにかく1日寝た。目を覚まして2度寝して、それだけでは飽き足らず観念してもう1度寝た。起きて朝食を摂って軽く読書をしたけれどまだ眠くて、昼食を食べてからまた寝る。そんなこんなで18時を越えた。本当は散歩にも行きたかったし買い物にも行くつもりだったけど大失敗だったのでせめてもと夜は料理を少し作った。

そしてまた寝た。よくもこんなに眠れるものだと自分でも感心する1日だった。

 

料理 

紅白なますを再び作った。前回つくった時は適当三杯酢だったのでしっかりレシピを使って三杯酢を作った。砂糖が溶けにくかったので大丈夫か不安だったけれど、よくよく混ぜたらしっかり溶けた。さすが奥村彪生先生である。

自分が作るときよりも甘みが控えめで上品な味になった。

レシピ:おもしろふしぎ日本の伝統食材〈3〉だいこん―おいしく食べる知恵

 

 

もう1品こまつなサラダも作った。どうも献立を作るときに温かいものと冷たいものとと温度をバラバラに作るのが苦手だ。冷たいものを作ると冷たいものばっかり作ってしまう。反省。

味はとてもおいしくて、ドレッシングにショウガ入れるのっていいなとわかった。

レシピ:手作りの食べもの絵事典

 

映画

猟奇的な彼女
猟奇的な彼女 (字幕版)

猟奇的な彼女 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video
 

高校時代の友人がリアルタイムで見て感想を聞いたら「ゲロ吐いた女の人と付き合う話なんだけどめちゃくちゃ振り回されてる」と言っていて、社会現象にもなるくらいの作品がそんなストーリーなわけないだろうと思っていた。実際観たら「ゲロ吐いた女の人と付き合う話なんだけどめちゃくちゃ振り回されてる」話だったので、彼女のストーリー紹介力が非常に高かったのだと分かった。 

流し見。

 

夢の話

月に1度とにかく眠くて起きていられない日がある。最近大分少なくなっていたのでこれは前職のストレスだったかと思っていたのだけれど、今月はばっちりやってきた。朝日が昇ってからもすぐには起き上がれず、脳は起きているのに体が動かなかったので観念してもう1時間眠ることにした。決めたはいいものの全く眠れないのでいつも聴いている催眠の音声を流して微睡んでいたら異変は起こった。

ガタガタっと大きな音を立ててそれは室内にやってきた。それがじわじわと近寄ってきて自分の顔に影を落とす。(あ、これはまずいやつだな)思ったと同時にそれがわたしの首に手を伸ばす。絞められているのに全く苦しくない。不思議な感触に目を開けたがやっぱりそこには何もいない。

もう一度目をつぶる。やっぱりそれがガタガタっと大きな音を立てて室内に入り、近寄って、首を絞める。

耳を澄ませるとスマホから流れているのはいつもの催眠術師の声で違う音声だった。確認してもタイトルはいつもと同じ。

ああ、これは夢なんだ。

目を覚ますといつもの音声がスマホから流れていた。わたしはそれが入ってきた部屋とは違うところで寝ていて特に何も変わらない朝だった。

 

自分が何者であるか知った人は強い

生活

流れ

特徴のない1日だった。

昼頃まで料理をしたりして過ごし、図書館まで歩いて行って、帰ってきてご飯を食べて、それからまたしばらく自由に過ごして。特筆すべき点と言えば夜くらいに相互の方と長々と通話したことくらいか。

変わらずもくりを利用しているのだけれど、若干音声が悪い。最近ツイッターでも会話のシステムが実装されたみたいだし(わたしのアカウントではまだスペースは作れない)、クラブハウスの音声がクリアだったので若干の使いづらさを感じる。

誰かと比較したらそんなにたくさんあるわけでもないのに、じわじわ迫ってくる予定というものにストレスを感じている。

 

料理

ごぼうめしとふろふき大根とたたきごぼうを作った。いずれも奥村彪生先生のレシピでどれもやっぱりおいしかった。

食べ終わって夫が「ごぼうって食べなれてないからかな、あくが強いからかな、ちょっと胃のあたりがむかむかする」と言ったのでごぼう料理ばっかり出したらだめだなとわかった。

レシピ:

おもしろふしぎ日本の伝統食材〈4〉にんじん・ごぼう―おいしく食べる知恵

おもしろふしぎ日本の伝統食材〈3〉だいこん―おいしく食べる知恵

 

ポッドキャスト

フワちゃんのオールナイトニッポンX(クロス) - オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93 ニッポン放送

フワちゃんがどこかで走った時に石橋で乳首を冷やしたという話などがあった。

以前一度だけ見たドキュメンタリ的な番組で「小学生につかみっぺを教える最初の人でありたい」と言っていたのを見た。彼女の活動姿勢に関する情報はこれだけしか知らないけれど、毎回毎回きっちり”つかみっぺを教える最初の人”でラジオを続けているから素晴らしいと感じる。

余談だが、フワちゃんをのラジオを聴くとファンタグレープが飲みたくなる。プレミアムじゃないやつ。

 

三十路女子研究所 • A podcast on Anchor

第16回くらいまで聴いた。”経皮毒”の話なんかがあって危ういなと感じた。

 

生理の話ですが、わたしはここ最近ロリエのスリムガードに変えてから痛み止めの量が減ったのでおススメです。三十路女子研究所さんでおすすめしているものの真逆でありますが。3か月くらい使うとよさがわかるのでよろしければお試しください。

 

 

おとうさん、弥生遺跡へ行こう 

全国の弥生遺跡を紹介するパンフレット的な1冊。 

以前書いたブログで弥生時代の名の由来は地名だけではないのでは?と書いたがやはり弥生という地名で発見された土器が由来する名前だそうだ。ちなみに3月(弥生)に発見されたのは単なる偶然らしい。

縄文土器に比べて弥生土器はシンプルで使いやすい設計となっている。シンプルなものから装飾の濃いものに移行していくのが当たり前なように思うけれども少なくとも現在発見されている土器は逆の始まりなのは面白い。もしかしたら縄文土器はそれ以前に作られたものを直すとか強化する目的で縄模様をつけて派手にしたのかな、と空想した。

 

 いっぽんの鉛筆のむこうに 
いっぽんの鉛筆のむこうに (たくさんのふしぎ傑作集)
 

 自分たちが使用するたったいっぽんの鉛筆とてたくさんの人が関わっているから完成しているのだと紹介する1冊。

黒鉛堀の男性が「こどもが自分の掘った黒鉛を使って頑張って勉強して世の中のためになることをしてくれ」というようなことを、軸の木を運ぶトラック運転手の男性が「高校は出たがかしこくはない、でも常識はある。まわりの人もそれを認めてくれている」という2文には心を打たれた。

 

 

悟りが開けていないのでナメクジも愛せない

 

生活

流れ

夫が作ってくれたホットケーキを食べて1日が始まった。それから髪を切ってお昼ご飯を食べて図書館へ行った。図書館では予約の図書も用意されていて貸出最大量の6冊になってしまったので帰ってきて慌てて読んだらたくさん読めた。夜は早く寝るつもりだったけれど、金曜日だったと気づいて手芸をした。通話相手が見つからなかったので映画を流しながら行った。

昼食は外で摂ったし朝食夕食は夫に作ってもらったので何もしない1日だった。

髪型の話

もう何年か夫の髪の毛はわたしがバリカンで刈っている。ツーブロの彼は1か月か1か月半に一度くらいサイドを処理したいらしい。そのおり自分の髪の毛も死んでしまった毛先をちょっと切るようにしているが、今回は少し多めに切った。

丸を通り越して頭が球なわたしはどんな髪型にしてもいまいちしっくりこなくて、当時世話になっていた美容師さんに「前髪なくしたらどうですか?」と言われたのをきっかけに前髪を伸ばし始めた。耳にかからないうっとおしい時期を越えても2か月に一度くらいはうっとおしくて仕方がない日が訪れる。それを何度も何度も越えてようよう伸ばした40センチくらいの前髪だったがアホ毛の多さにどうしたらよいかわからず色々検索したところどうやら美しい女性の髪形というのは必ずセットが必要らしいということが分かった。

なんだ、ドライヤーがないと何も始まらないのか。前髪があった時はドライヤーが必要だと思ったことはない。理解したわたしは前髪を作ることを決意した。

脱色した名残を持った30センチくらいの毛が新聞の上にあるのを見て、ここ数年の違和感が顕在化したような気持ちになった。今日からまた寝ぐせとの闘いが始まる。

 

ベランダにナメクジが出たらしいという話

食事をしていた折、夫がそういえばと話し始めた。曰く暖かくなってきたせいか何度か前の雨の日にベランダにナメクジを見たらしい。我が家は1階であるしわたしは土いじりをするものだからナメクジの存在はある程度仕方がないことと言える。とはいえいやだなあという気持ちになった。

なぜいやだと感じたのか。そのいやだなあは出先で借りたトイレが汚れていた時に似ているた。不快なものを見たという気持ちだろうか。そもそも害虫が不快だと感じる原因は衛生面ではあるが自分はナメクジに台所を荒らされた経験はなく、イメージ的にいやだなと感じたに過ぎない。それをこんなに不快だと感じるのは少しおかしいのではないだろうか。

しばらく考えてみて、どうやらこれは自分の所有欲から来るものなのではと気が付いた。台所が侵されたことはないものの、花を食べられたことはあるし買ってきたセロリーの葉が食べられていたこともある。自分のものと思っているものをナメクジが食べていたという状況に「お前のことが嫌いだ!」と思わされたのではないだろうか。

自分は独占欲が薄いタイプだと思っていたが、育てている草木や共有スペースと位置付けられるベランダにまでそういった感情があったのだと知った。

 

読書

 歴史ごはん信長、秀吉、家康たちが食べた料理:つくって、味わい、歴史を知ろう

同出版社から販売されている歴史ごはんの最新刊かと思いきや、3巻分を簡潔にまとめかつ時代を戦後まで持ってきている本だった。

  • 弥生時代の名の由来は東京の地名(文京区弥生)で見つかった土器による
  • 多くの家庭では自分用の箸を用意しているが、自分用の食器があることは世界的に珍しい。この風習は他人の口に触れた箸を使うと穢れも取り込んでしまうと考えられていたからで、箸以外の新しい食器はこれに該当せず日本でも共用としている場合が多い
  • 山で自生するのが山芋。里で育てるのが里芋

という内容が面白かった。なお、弥生時代の名の由来に関しての真偽は別の本を読んでいて疑問点が残ったので調べ中である。

 

おかし 
おかし (たくさんのふしぎ傑作集)

おかし (たくさんのふしぎ傑作集)

 

こどもが母乳から離乳食に移り変わる様子が描かれていてためになった。 

 

こんにちは美術1・2 
めくってたんけん!いろんな絵の巻 (こんにちは美術1)
 

  

しばらく美術館にも行けていなくてもともとあってないようなアンテナもさび付いてしまっているので本でもって少しでも教養を増やせればと借りた。わたしは美術書というものはほとんど読んだことがなく、たまに見たとしても展覧会の図録ばかり眺めていたけれど、なるほどこれはとても面白い本だった。

まず作品と作品名作家名が表示され、折り込まれたページを開くと簡易な解説が表示されるようになっている。美術品はまずそのものを見てからキャプションを読めと必ず

美術屋に言われるけれども最小限の動きで成しているのがすごい。また、紹介作品は現代美術が中心で作家の詳細が追えるように後ろにさらなる解説があるのもよかった。

 

美術ってやはり社会活動で、昨今出てきたクラウドファンディングなんていうのはずっと昔から美術界で成されてきたことなんだろう。自分はあんまりクラウドファンディングが好きではないのだけれど、それという名前を付けてかつてからあることをまるで新しいことかのように取り扱うのに違和感を感じていてその違和感そのものを好きではないと混同していたのかも知れない。

 

アート系のものに触れると他のものを読んでいた時とは違う焦りを感じるものだから、わたしは自分がアーティストになりたいと思っているんだろうと分かった。

 

 糸に染まる季節
糸に染まる季節 (ちしきのぽけっと13)

糸に染まる季節 (ちしきのぽけっと13)

  • 作者:大西 暢夫
  • 発売日: 2010/11/16
  • メディア: 大型本
 

 草木染を行う職人の仕事を多くの写真で紹介する絵本。作業のひとつひとつが美しく、少ない説明に職人の思考が垣間見えてよい本だった。

 

映画

みとりし 
みとりし [DVD]

みとりし [DVD]

  • 発売日: 2020/06/03
  • メディア: DVD
 

流し見しながら(これはきちんと見る作品だな)と思ったけれど最後まで見て何となくそのままいいやと思ってしまった。どうしてそういう選択をしたのかはよくわからないけれど。今の自分にはまだいいかな。 

 

買い物

ファミレスにて

ビーフハンバーグAセット

すごく肉肉しかった。

 

焼きカルボナーラドリンクバーセット

おいしかったので夫とシェアしたけれど上に載っているベーコンはほとんどわたしが食べた。細めのパスタが結構な量入っていて食べ過ぎてしまった。

ココスはドリンクバーが好きだ。紅茶の種類が豊富なうえフェアトレードであることも素晴らしい。日本という小さな国だけのことではなく世界から飢餓をなくしたいという姿勢はたとえパフォーマンスであったとしても支持されるべきだ。

 

百均にて

シリコン落し蓋 110円

いい加減リードで落し蓋するのに飽きてきたので購入。本当は義実家に行ったときに木の落し蓋を買おうかと思っていたのだけれど、めちゃくちゃ高かったら悲しいしシリコンの使い心地も確認しておこうと感じたので購入。ステンレスのものとも迷ったけれど、足がついていたので洗うのがめんどくさそうでやめてしまった。

吊り戸棚手袋ピンチ 110円

料理用ふきんを干す場所が欲しくて購入。もともとはゴム手袋をひっかけるためのもののようだ。吊り棚の下に設置出来てシンクの上に吊り下げれるので便利。通常の吊り棚収納品よりもやや奥の方になるのも邪魔になりにくくてよい。

 

スーパーにて

芽ひじき 93円

今度はひじきを使った食事にも挑戦する。

 

小杉つゆだく納豆 81円

いつもの納豆買い足し品。

 

そうめんチャンプルー

インスタントのそうめんチャンプルー。個数限定らしい。

 
薄口しょうゆ 185円

煮物にやたら薄口醤油が登場するようになったので購入しておくことにした。わたしの住んでいる地域はなのか、安い薄口しょうゆしかなくていささか不安ではあるが試してみて違いを感じられればいいな。

 

トイレのマジックリン流すだけ付け替え用 473円

近所のドラッグストアには売っていなくて、ブルーレットと交換しようかいつも迷うのだけれど結局こちらを購入した。大体青いやつを買う。

 

群青日和が沁みました

 生活

流れ

映画を流しながら料理をする。午後からは姉と会う約束をしていたので冷蔵ですぐ食べたいものなどを中心に先だって義実家が送ってくれたにんじんを滅ぼすことを目標とした。購入しておいたごぼうが思ったよりも量が少なかったので作りたいものが十分に作れなかったのが残念だった。ごぼうは意外と内容量が少ない、学びになった。

姉に作りだめした料理を渡してスーパーを何軒か巡った。行ったことがないところも行ったが、最近気に入っているスーパーで山と買い物をしようとしたら姉が全部払ってくれた。来週は仕事が入っているので十分に作ることはできないが、残りの日数で食材を返せるよう計画を立てよう。

帰ってくる途中で図書館によって予約した資料を借りてきた。面白いものばかりですぐ読んでしまった。

 

料理

にんじんのごまよごし

奥村彪生先生のレシピ。かつおぶしを入れたのでいつもとはちょっと違う味で面白かった。レシピ自体は完全にいいのだけれど、いただいたにんじんの真ん中にめちゃくちゃな芯があったおかげで食べにくいおかずとなってしまった。食べやすい食材であるとか、切り方とか、料理は実に奥が深いなとしみじみ感じた。

レシピ:おもしろふしぎ日本の伝統食材〈4〉にんじん・ごぼう―おいしく食べる知恵

 

 

ごぼうと牛肉のしぐれ煮

こちらも奥村彪生先生のレシピ。ちょっと味が濃かったけれどごはんが進む味になった。やはり動物性のものが入ると味がワンランク以上好みになる。

ごぼうのささがきって上手にできた試しがなかったんだけど、3本位一気にやったらさすがにコツがつかめてきたのでよかった。

レシピ:おもしろふしぎ日本の伝統食材〈4〉にんじん・ごぼう―おいしく食べる知恵

 

映画

 劇場版名探偵コナン 異次元の狙撃手

テレビでやっていたやつを流し見した。今年35歳になるわたしは名探偵コナン黎明期に子供時代を過ごしたが、その時と比べると随分と”とんでも”が進んだ。少し前にポッドキャスト鈴木光司が「緻密に真実を積み上げていって最後に少し噓をつくのが捜索をより面白くする方法」と言っていたが真逆だった。テニスの王子様みがあってこれはこれでよい。

 

キスできる餃子 
キスできる餃子

キスできる餃子

  • 発売日: 2018/11/21
  • メディア: Prime Video
 

 こちらも流し見。特別どうのという作品でもなかったが挿入歌とEDがチャランポランタンだった。

嘘つく男はずっとつくしクソみたいな内容があって、学びになった。

 

読書

 育てよう!食べよう!野菜づくりの本(6)葉を食べる野菜 キャベツ・こまつなモロヘイヤ

こまつなの食べ方が知りたくて借りたものの、たくさん作り方が載っているわけではなったが、ゆで方の基本や植物としての角度から野菜が知れた。

  • こまつなは葉っぱを食べるために改良されたカブ
  • 夏のこまつなははが小さく茎が長い、冬のこまつなは葉が広い

という内容が特に面白かった。

 

 しずかなしずかなみずうみ
しずかなしずかなみずうみ

しずかなしずかなみずうみ

 

違う本を借りるつもりだったが間違えて借りてきてしまった。借りたかった方は図書館にはないらしく残念。

カレルチャペックの人の絵本で、内容は特にないけれど絵がかわいい。乳児用の本だった。

 

和菓子のほん
和菓子のほん (たくさんのふしぎ傑作集)

和菓子のほん (たくさんのふしぎ傑作集)

  • 作者:中山圭子
  • 発売日: 2008/01/20
  • メディア: 単行本
 

たくさんの和菓子が紹介されていた。特別これという内容はなかった。

 

群青日和の話

車を運転していたら随分雨が強くなってきて、ランダムで流していたBGMがちょうど椎名林檎群青日和だった。

高校時代椎名林檎が好きだった。いまもっても予約して発売日に購入するなんてアーティストはいないものだから、随分好きだったようにも思うけれど”そうである”ことを強制されて始まったファン生活だったから彼女の音楽性とかそんなものは全く分からず聴いていた。ただ前奏が流れれば歌える、何の曲かわかる、そんなどうしようもない”ファン”だった。

そんなありさまだったものだから椎名林檎としての活動を休止して東京事変に変わり、群青日和遭難と発売されたくらいでCDを追いかけるのもやめてしまったが、その2曲だけは歌える歌として残った。

初夏の夕方強めの雨が降っていて、ワイパーを強めようかと思ったときに流れた群青日和は歌詞がどうのとかはわからないけれどテンポとか音の高さとかがぴったりで今更ながらに感激した。

椎名林檎のファンが多いのは納得だ。

 

「簡単な料理」の話

わたしがやっているのはあくまで知識としての料理であって、アクティビティにすぎないとわかっている。どんなに忙しくても続けることができる料理ではなく、誰かに食べてもらいたい料理でもない。だから一般的な家事としての料理とは全く別物だと理解したうえで全無視して以下の文章を書く。

度々SNSで”簡単な料理”について論議されるのを目にするが、確かにそうめんを茹でるというのは簡単な料理に属するなと晩御飯のうどんを茹でながら思った。大鍋に湯を沸かして小鍋に麺つゆを規定量でのばし温める。冷蔵庫から薬味ネギを取り出して刻む。冷凍庫に眠らせていたに豚を温めてレタスをちぎった上にのせる。

奥村彪生先生のレシピとは比べようもない簡単さである。ただそれでも十分にうまい。

ただ、相対的な簡単さではなく絶対的な手間として”疲れてる時にそれは簡単ではない”という主張(だと思っているけど違ったら申し訳ない)もわかる。

要するに一連の騒動は料理がどうとかではなく伴侶のことを慮りTPOを判断して発言すべきということなのだな。

 

買い物

スーパーにて

ロングスティック カフェオレ 38円

スーパー巡りの際、姉がおやつに購入。姉はかなりストイックに食事管理をしているのだが、なぜかは自分でも不明だけれどコッペパン系の菓子パンは食べていいことにしているらしく安すぎる値段に購入を決めていた。自分も飲み物が欲しかったのでまとめて購入した。

 

生オレンジティー

[旧品番] 伊藤園 TEAs'TEA New Authentic 生オレンジティー 500ml ×24本

伊藤園の生オレンジティー。ペットボトルの紅茶だと午後の紅茶シリーズの次にこれが好きだな。

ところでこのパッケージ、果汁1%にかかわらずオレンジの断面が使われているけれど大丈夫なのだろうか。紅茶だからいいのか。

 

楽しい初夏を会話で過ごしましょう

 

生活

流れ

1日外に出ず家の中で過ごした。雨が降っていたし、前日少し多めに歩いておいたので計画的おこもりだ。

料理もあまりせず、読書などをして過ごした。途中猛烈に眠くなって昼寝をした。おかげさまで夜眠くなりにくく、今日こそは日付が変わるころに寝ようと意気込んでいたのに1時過ぎてから眠ることになった。

 

読書

はじめてのうちゅうえほん

 

はじめてのうちゅうえほん

はじめてのうちゅうえほん

 

 タイトル通りはじめてうちゅうを知るのに適している絵本だった。絵柄もかわいいし知らなかった内容もたくさんあった。中でも金星は自転の向きがその他の多くの惑星と逆というのには驚かされた。スーパーマン世界線だったら金星は若返っているのかな。金星の自転が逆向きな理由はわかっていないとのことだけれど、はるか昔金星人がいて滅びの時間を取り戻すために事典の向きを無理やり変えてしまったなんてことがあったならロマンだ。

その他にも太陽はできてから46億年経っていて、あと50億年すると消滅する(輝きが失われる?)なんて1文もあった。太陽が消滅するとき自分はどうあっても生きてはいないだろうけれど、どんなにいろんなことを頑張っても結局50億年後に人類も地球も滅亡してしまうのかな。それならちょっと悲しいな。

とか

火星に移住する計画があるそうだけれど、そうやってちょっとずつ太陽系の外側に移動していける体になってまた違う銀河で生き延びるために頑張っているのかな。

とか考えた。

中学も高校も天文の授業が苦手で何が面白いのかさっぱりわからなかったし、世界で最も賢い人たちがどうして宇宙に憧れて飛び立っていくのか理解できなかったけれど、確かにこれはのめりこんでしまう魅力のある話だとわかった。

 

 おもしろふしぎ日本の伝統食材3だいこん

先日も「にんじん・ごぼう」でお世話になった奥村彪生先生のシリーズ。相変わらず使いやすくわかりやすいレシピがたくさんあって素晴らしい。

ふろふきだいこんはあつあつで風呂を吹く時のようにふーふーしながら食べるからという説があるらしい。その他にもだいこんにまつわるご自身の体験談なども多数紹介している。そういう哀愁を持って料理に取り組んでらっしゃる姿勢が味に出るんだろう。

 

おしらせ

今年も何かと行動制限された初夏が訪れてしまいました。気候が良いのに外に行けないなんてと嘆くのは当然のことではありますが、そんな思いをかみしめながら家の中にいることはとても残念なことです。

そこで、昨年同様mocriというアプリを利用して会話を楽しむ会を催します。わたしがひとりでいることが多いので、どうぞ気兼ねなく入ってきてください。お話ししましょう。わたしのIDは[nuiko16]です。友達申請してくれれば大体承認しますし、トークルームが開かれていたら入り込みます。

楽しい初夏を過ごしましょう。

 

mocri.jp

 

※今回より一部を詳細表示に戻しました。

漂白剤大好き

買い物

スーパーにて

ごぼう 78円×2

昨日紹介した奥村彪生先生の本でにんじんとともにごぼうのレシピがたくさん載っていたので大目に購入してみた。前回は洗いごぼうを買ったけれど今回は土付き。確実に洗いごぼうの方が使い勝手はいいと思うがいかほどめんどくさいか体験してみる。

小松菜 57円

小松菜が特価になっていたので購入。やや量は少ないと思われる。次のスーパーで確認したところ、やはり値段分量が少なかったようだ。最近の小松菜はどうも細いのが多いようだけれど、産地の違いだろうか。注視していく。

キッチンブリーチ 67円

近隣ではここのブリーチが一番安い。最近ふきんを使って料理をすることが増えたのでブリーチが欲しいとかねてから思っていた。安く購入できて満足。

 

百均にて

ゴム紐10コール100円

前回の手芸会(※毎週金曜日の22時から行っている手芸をする会のこと)で腕カバーを作った際、持ち合わせの太いゴムを入れたのだが、やはり適材適所というものはあるなと感じたので購入しておくことにした。次回腕カバーを作ることがあるかどうかは不明だが。

 

アゴム 100円

以前内職をしていた時に不良品ではねたゴムが山と手に入ったので購入することはなかったのだけれど、内職もできなくなってしまったしそろそろ買うかと購入を決めた。せっかく買うのだったらただのゴムじゃなくて髪を縛るに特化したものがいいなとスプリングしているものを購入。ふれこみ通り頭が痛くなりにくいがフィット感がその分少ないので「落ちてこなければいい」という発想で使うものだと分かった。接客の仕事時も使っていて問題ないかどうかこの1週間で判断していく。

 

ビーチサンダル 100円

一昨々年買ったベランダ用のビーチサンダルが先だって海に行った際破損してしまったので新しいものを購入。なかなかにとがったカラーが購入できてうれしい。

 

リリアンセット 100円

友人と和裁時代の正絹の糸を捨てるという話をしている際、何かに使いまわせないかなと考えた結果「リリアンとか」という案が出たので購入。頭が付け替えれて2種類を楽しめるようだ。使い勝手はかつてのリリアンの方がよさそうだけれど、百均なので文句は言うまい。

 

スーパーにて

汁なし旨辛坦々うどん 95円

処分価格になっていたので。インスタントの汁なし麺って麺の硬さが命なところがある。これは上手に作れるだろうか。

 

 

小杉つゆだく納豆 81円

いつもの納豆。

 

彩紛 そば粉 361円

縄文パンを作るために購入。そば粉ってどこでもめちゃくちゃ高い。

 

三ツ矢サイダーハチレモ 64円

新しいのが出ていたので購入。弱炭酸好きのわたしにはやや炭酸がきつい。

三ツ矢 ハチレモ 500ml ×24本

 

べに花油で揚げた油揚げ 66円

大判3枚入りだったので購入。納豆を詰めて焼こうかな。

 

鶏卵 131円

買い足し。最近朝一で行くと98円のやつがあるらしいんだけど、そこまで頑張れない。

 

ちくわ 74円

読んでいたレシピに登場したので買っておいたのだけれど、他の食材が足りないみたい。計画的に買い物しないとだめだな。

 

トマト 64円

最近トマトが安いんだよねと聞いていたけれど、本当に安いね。積極的に食べていきたい。

 

生活

料理

米あられ

米を洗ってフライパンで炒ってという簡単な作り方。かなり硬いが食べれないほどでもないので口さみしい時にいいかもしれない。

レシピ出典失念。

 

縄文パン

粉類を山芋とはちみつの水分で練って焼くというもの。もともとはどんぐりを粉にして作るものらしいが簡易的にそば粉で代用しているとのこと。作り方は簡単で出来上がりもそこそこによい。山芋だから多少ふっくら仕上がるのかも。温かいうちはそこそこに柔らかい。冷めるととても硬くなるが食べれないほどではない。

作っている時に中東のパンを思い出してこれをおしゃべりしながら作っていれば楽しいだろうなと思った。

レシピ:食事から日本の歴史を調べる 縄文~弥生~奈良時代の食事 (第1巻)

 

茶巾しぼり

砂糖を使わずみりんで甘みをつけるというレシピだった。さつまいももゆでるのでかなり水気が多い仕上がりになっているからやはり蒸したほうがいいなと感じた。

レシピ:手作りの食べもの絵事典

 

りんご

先日買ったリンゴの消費を始めた。図書館に行く余裕がなかったため、インターネットでレシピを検索した。4個も残っていたので2種類を選出。

1つがアップルソース

今年はおいしく使い切る!訳あり&余りがちなりんごの大量消費レシピ9選 | おうちごはん

もう1つがりんごとさつまいもの甘煮。

りんごとさつまいもの甘煮のレシピ/作り方 | つくおき

どちらも作りやすくてよかったけれど、作り置きの皮なしソーセージと食べてもよさそうなのでアップルソースの方が勝手が良いやも。りんごとさつまいもの甘煮に関してはリンゴの切り方を自分が勘違いしたので思ってたんと違うものができたが、まあ仕方がない。個人的にさつまいもとレモン汁の組み合わせはあまり好きでないのだなとわかってよかった。

 

映画鑑賞

岸辺の旅

流し見して面白かったのできちんと観た。深津絵里浅野忠信が彼らでなくてはいけない役どころになっていてすごくよかった。これが演出の力なのかな、役者の力なのかな、ととにかく感心しながら観ることができた。

特にラストシーンで瑞希が優介の鞄を取ろうか取るまいか逡巡するのがよかった。あの一瞬に2人の関係性のすべてが表現されていると感じた。

岸辺の旅

 

バイオハザード

そうですか、という感じだったな。冒頭のエレベーターが上下するシーンが一番怖かった。

バイオハザード (吹替版)

 

ポッドキャスト

フワちゃんのオールナイトニッポンX(クロス)

新しく聴き始めた。初回はテンションがから回っている感が強かったものの回を重ねるうちにだんだん慣れてきて面白くなってきた。フワちゃん本人も言っていたが「ラジオは内輪ネタで盛り上がるものらしいから」という一言が数十分でよく理解できた。

今更だけれど、どうやらオールナイトニッポンXのポッドキャストは冒頭のトークだけしか配信されていないらしい。また、本人マイクの音声しか供給されていないようなので話が分かりづらいところもままあるが、自分はこれくらいで満足だな。

フワちゃんのオールナイトニッポンX(クロス) - オールナイトニッポン.com ラジオAM1242+FM93 ニッポン放送

 

三十路女子研究所

YouTubeポッドキャストもあんまり女性がわやわやしゃべっているのは好きではないんだけど、なんとなく聴き始めたら面白かった。内容はほとんどわたしには異世界で、1人で訪れたファミレスの端っこで後ろの席に座った同世代の自分とは接点がなさそうな女性2人組の話を盗み聞きしているような感じだ。昨今そうした楽しみも減ってしまったのでこのポッドキャストは貴重だ。

現在は9話まで聴いたが、1話目の韓国でほくろを取る話が面白かった。

Listen To 三十路女子研究所 Podcast Online At PodParadise.com

 

その他

眉毛を描いて出かけた

昨日外を歩き回っていた時にガラスに映った自分があまりにもみすぼらしかったので髪を整えて眉毛を描いて出かけた。仕事に出ていないとどうにも鏡を見る機会が減ってしまってよくない。化粧をするとこが抜本的な解決にはならないのだけれど、かといってまゆげは増やせるものでもないし、髪の毛もすぐにきれいにできるものでもない。

老いを受け入れるというのと整えるというのは全く違うことなのだよなぁと鏡を見ながらしみじみした。

 

漂白剤が買えた

わたしは漂白剤が好きだ。昔パン屋でバイトしていた時に必ず最後は漂白をして終わっていたのでその時の癖なんだろう。漂白をしないと台所掃除が終わった気がしない。のにもかかわらずまな板を木にしてしまってからというもの漂白はできないし、料理も意識的にしなくなっていったので漂白剤をしばらく常備していなかった。そんな中、最近また少しずつ料理をするようになってきて漂白剤の必要性を再認し始めていた。

かといって漂白剤に強いこだわりがあるわけでもなく、とにかくたくさん使うので安いものを探していたところスーパーでかなり安いのを発見。購入に至った。

帰ってきてさっそく台所で手拭きに使っているタオルが随分汚くなってきていたので漂白したがすっきり清潔というには至らず、そろそろ買い替えの時期だなと確信できた。また、料理に使っているふきんは漂白剤を入れてすぐ、水がかぼちゃの色になりその後すぐ真っ白になったのでなんだかびっくりした。何だったんだろうか。見間違い?

奥村彪生先生は信頼できる

 買い物

バローにて

徳用リンゴ 100円

行ったことがないスーパーに行ったのだが、入り口付近にて考え難い金額のりんごを発見し思わず購入してしまった。6個入りでこのお値段である。手書きのポップには黒くなっている可能性もあるのでご了承くださいとの注意書きもあったが、帰って食べてみたところ生食できたので元は取ったと言える。少し酸味が強くてやはり痛み始めてはいるようなので早めに調理したい。

 

業務スーパーにて

粒入りマスタード 98円

先日作った皮なしソーセージの付け合わせに購入。

 

オレガノ78円

先日皮なしソーセージを作った際に使い切ってしまったので買い足し購入。オレガノはなんかすっとする香りがするので野菜の煮込み料理なんかに入れてもおいしいとは思わないのだけれど、肉単品に入れるととてもよいとわかった。

本当は詰め替え用が欲しかったのだけれど、瓶入りのものしかなくてそれもなかなか安価だったのでこちらにしてみた。前回のオレガノが入っていた瓶はしそを乾燥させて入れようかな。

 

白玉粉 198円

しとぎを作るために購入。白玉粉は意外と高くていろんなお店を回ってみたけれど業務スーパーが一番手ごろだった。

 

イオンにて

ベストプライス やわらか食パン 88円

使い切ってしまいたいパスタソースがあったのだけれど、最近料理が楽しくてパスタを作る機会が減ってしまったのでその消費のために晩御飯は食パンにすることにした。おなかが減っていたとはいえ4枚切りを2枚も食べてしまってその上リンゴまで食べたので夜はかなり苦しかったけれども、パスタソースは消費し終えれたしおいしかったしよかった。

 

生活

料理

ほうれん草のごまよごし

義実家が送ってくれたほうれん草を消費するために再びごまよごしをつくった。ただ再びというのはやや間違っていて、前回はほうれん草と思ったけれども一緒に入っていた小松菜だったので、この生活を始めてから初ほうれん草のごまよごしとも言える。

今回は前回の教訓を生かし醤油の量を減らしてみた。かなり甘くておいしい。自分はやはり甘い味付けの方が好きなようだ。今後はこの配合でやろう。

 

しとぎ

白玉粉を使ってしとぎもどきを作る。

小学校くらいに初めて料理に興味を持って作らせてもらったのが白玉団子だったななどと哀愁に浸りながら作って楽しかった。丁度見ていた映画(岸辺の旅)で深津絵里が白玉団子を作るシーンもあって作る時期としてはぴったりだった。

本来は赤米を使って色が付くところを簡易的にゆで小豆でやるレシピだったのだけれど、違う色の団子ができて楽しかった。

レシピ:食事から日本の歴史を調べる 縄文~弥生~奈良時代の食事 (第1巻)

 

海苔の佃煮

板海苔から佃煮を作るレシピを見たのでやってみた。

1丈とは10枚分なのだと知れたり、寿司はねと言えど戻すとかなりの量になるのだと知れたり学びの多い料理となった。保存のためか結構甘みの強いレシピだったが、夫が喜んで食べてくれたのでよかった。市販のものより口当たりが板海苔に近く、ざらっとした感触なのが面白い。1丈からアヲハタのジャムの小瓶3本分の佃煮ができた。

レシピ:手作りの食べもの絵事典

 

映画

ザ・コア

どこかで見たことがあった気がしたけれど記録が出てこなかった。もしかしたら試写会で見た?

ストーリーは特別なものでもなくこれでなくてはいけないという映画ではなかったけれど、可もなく不可もなく普通に楽しめた。レビューを見たら思っていたよりも酷評だったのでみんなたくさん映画を見ているのだなと感心した。

ザ・コア [Blu-ray]

 

読書

おもしろふしぎ日本の伝統食材4 にんじん・ごぼう

義実家がたくさんにんじんが送ってくれたので消費のために本を借りてきた。にんじんはいまいち熱すると独特のえぐみが強くなって苦手で生でぼりぼり食べていたのだけれど、ビタミンCを壊す酵素が含まれているので実は生食はあまりよくないらしいと知った。生食でも酸で酵素が破壊されるらしいのでなますなどに入れるのはよいらしいが。いつもいつも酸っぱいにんじんばかり食べているわけでもないのでこの知識が得られてよかった。

また、てんぷらを揚げるときに油から持ち上げる際は少し油の中に残して油を切るといいという知見も得た。(毛細管現象)この本はかなり信頼できると感じたのでシリーズを読破したい。

おもしろふしぎ日本の伝統食材〈4〉にんじん・ごぼう―おいしく食べる知恵

 

ポッドキャスト

松原タニシの恐味津々#4

新しい回が登場していた。前回に引き続き作家の澤村伊智との対談だった。あんまり印象に残っていないな。

松原タニシの恐味津々| MBSラジオ AM1179 FM90.6

 

その他

しとぎについて

わたしが作ったのはなんちゃってしとぎだったので、実際のしとぎはどんなものなのかちょっと調べてみたら面白い内容を書いてあるサイトがあった。

しとぎばなし

曰く

  • しとぎは米を水に浸し柔らかくしたものを粉にし、まとめた食べもの
  • 韓国語の餅「ットク」はかつて「ストク」と言っていた

とのこと。

つまり白玉粉というより上新粉の方が味が近かったと想定される。上新粉の方が安かったな……。

韓国語と日本語が近いというのは知っていたが、古語を学ぶことでさらに近いものを見つけることができるのかと興味がわいた。